DQ10がWii版を切り捨てた件

先日のDQXTVでついにDQ10のWii版の廃止が発表されました。かわりにPS4版とNintendo Switch版が発売されるそうです。うちのWii版もお亡くなりー。

Wii 版「ドラゴンクエストX」をプレイされている皆さまへ

Twitterでの反応や公式の天安門広場を見ると、やっぱりかというほど大量の苦情であふれている。ゲームの内容がつまらなくなった影響もあって、現時点から続々と引退者が出ているようだ。MMORPGにおいて引退宣言をしてやめる人は必ず戻ってくる法則があるが、今回ばかりは新しいハードを買ってまで戻ろうとはしないだろう。

2006年発売のWiiはさすがに古いし、2012年発売のWiiUも生産終了。両方とも切り捨てちゃえばと思うものの、格差社会の今、新しいハードを買えない経済状況だがDQ10は唯一の楽しみだから奪わないでくれという人も多そうだ。特に経済力のない親を持つ未成年のプレイヤーは詰んでしまった。

新しいハードに買い換えないと遊び続けられないことよりも、DQXTVでWii版切り捨ての発表時に笑いながら「Wiiって何年前のぉー?」(→動画)と言って、月額課金中の現役プレイヤーが使っているハードを馬鹿にした司会者への反感も多かった。

一方、FF14はPS3版を廃止したとき、PS4版の無償提供を行ない、運営はそれまでPS3版で遊んだユーザーに謝辞を述べた。同じ運営会社でこうも態度が違うものか。

PS4版やNintendo Switch版よりも、Android版やiPhone版(dゲーム版のようなクラウドゲーミングは遅延が大きいのでダメ)を作ったほうが新規の取り込みができそう。iPhone 6sなんてPS3やXbox360より性能が高いらしい。

類似記事

Comments are closed.