ROプレイヤー向けDQ10移行ガイド

いよいよDQ10のWindows版が今月12日から先行体験版公開、26日から課金開始です。

一部サイトでベンチマークテストのVer1.10が公開されていて、以前よりスコアが伸びました。最近の安いグラボより9600GTのほうが性能いいっぽくて、買い替えがすすまない。もう4、5年使ってるので燃え尽きないか心配です。

20130912_1

とある家電量販店でノートパソコンを眺めていたら、性能デモとしてDQ10のベンチマークテストが走ってて、4万円ぐらいのPCだとスコア1,000、10万円近くのSurface Proだと2,400ぐらいでした。Surface Pro欲しいのう。だが高い。寝っ転がりながらノートで遊ぶ計画はひとまず棚上げ。

ついでにバージョン2.0の発表もあったようで。2.0のプレイには拡張ディスクが必要となるため、バージョン1.5のいま買うか、1.5+2.0パックの安売りに期待しつつ待つか悩みます。

Windows版発売を機に、DQ10もやってみたいROプレイヤー向けの移行ガイドを書いてみました。できるだけROの用語で説明したよ↓

最初に

必要な物

1. パソコン

ROが動くなら大丈夫。ただしXP不可。

2. 先行体験版

http://www.dqx.jp/windows/

データを正式版に引き継ぎ可能。

3. パッド

設定次第でROのようにマウスとキーボードだけでも動かせるが、パッドがあれば快適に遊べて◎。

ホリのPS2パッドとPS2-USB変換機の組み合わせか、有線XBOX360パッドがおすすめ。

ROに比べてDQ10のココがいい

・とにかく人が多い。
・ぬるいゲームバランス。
・PT募集が盛ん、自動マッチングで手軽に組める場もある。ソロでも十分遊べる。
・廃プレイを求められない。1日1~2時間程度で遊ぶのがちょうどいい。

ROに比べてDQ10のココがダメ

・3Dキャラ、鳥山絵・・・、カワイイモノ好きのROプレイヤーがこれを受け入れられるのか!?
・操作がROとは異なるので慣れるまで戸惑う。
・課金ブーストができず、お金を地道に稼がねばならない。
・廃プレイすると約1年で飽きるらしい。

ROとの違い

キャラ名

他人とのキャラ名の重複ok!

識別は自動で振られるIDによって行われます。

種族による補正

人間のみのROとは違い、オンラインモードの手前で種族を選ぶ機会があります。種族によって、ステ補正や属性耐性が異なりますが、微々たる差のため、気にする人はあまりいません。見た目の好みで選んで大丈夫。

参考: http://dragon-quest.jp/ten/guide/deffe.php

教範

22時間ログアウトすると、30分ぶんの教範『元気玉』が無料で1つもらえます。11時間だと10分のものが、88時間だとPT全員に有効なものがもらえます。

くじ

らぐ缶のような『ふくびき』がゲーム内にあります。とあるメモDへ行くと1日2~3回分の挑戦権をもらえます。

PT募集広場

サーバー1のグレン東入口にて、オープンチャット(通称:白チャ)でさかんに募集があります。

自分で募集したいときは[さくせん]→[キャラ設定]→[よく使うセリフ]に募集内容を書き込み、それを連呼します。

オープンチャットで連呼するのは抵抗があるでしょうが、これがDQ10流です。この仕組みのせいでチャット機能が貧弱と言われています。

PT募集掲示板

RO同様にあまり活用されてませんが、テンプレ募集なら声がかかることも。

装備公開

強制的に公開されます。隠せません。

ユーザー間のトラブル

MPKや横殴り等はシステム的にできなくなっていますが、暴言、詐欺、BOT、RMTなどに関してはゲーム内で運営に通報できます。通報数がかさむとお仕置き部屋へ送られ、反省がなければBANされます。ROじゃとても考えられない対応だね!

WES

サーバー間移動がいつでもできます。混んでたら空いてる場所で遊べます。

HSE

ツボ・ランプ職人になれば出来ます。ルーレットを回して、いい目が出ると高値で売れる装備品の出来上がり。

製造

さいほう職人などになれば、装備品を作って売れます。他のゲームだと一部の装備だけが作られ続け、市場の飽和を招きがちですが、DQ10はレベル毎や目的に応じて最適武器が変わるため、何品目かの儲かる装備があるものの、わりと満遍なく作られています。

ギルド

『チーム』。チーム専用の衣装装備『ユニフォーム』やチーム全員参加の討伐クエストもある。上限255人。249人のところに居た頃はチャットがカオスなことに・・・。

ギルドに入りたければ、サーバー1のグレン酒場前で募集があります。

PvP

コロシアムが実装されました。(まだプレオープン)

ランダムでチームを組んで戦えば、1日1回報酬を貰えます。報酬が要らないなら身内同士での対戦も可能。

GvG

そんなものなかったんやー。

エモーション

無い代わりに『しぐさ』があります。100面ダイスを振ったりもできるよ。

露店

露店ではなく、FF11のようなバザー方式。

取引商NPCに売りたいアイテムを出品して、ログアウトなり狩りなりしていれば、売れ次第、ゲーム内の郵便でお金が届きます。出品手数料10z + 5% と高く、高額品は出品者専用のバザー(モーモンバザー)やオープンチャットで取引される場合もある。

3DSやスマホ(iOS, Android)から『冒険者のおでかけツール』で売れたかどうかを確認したり、バザーの相場を見たりできる。

ワープポータル

誰でも使える『ルーラストーン』。消費なし。ポタメモできる数や場所に厳しい制限がありますが、PTのメモ場所を借りることもできます。

ポタメモの数はクエスト、自宅の購入や360日課金特典などで増やせます。

ステ振り

残念ながらできません。職による固定成長です。

かわりにパッシブスキル、装備の効果やHSEで補強できます。

スキル振り

職専用のスキルと複数職で共有のスキルがあり、好きな配分でスキルポイントを振れます。ここで個性が出ます。レベルカンストでも万能キャラは難しい。

倉庫

『預かり所』。

持ち家があれば屋根裏やタンスに収納できる。

空間転送

『大陸間鉄道』。

課金騎乗ペット

一定レベル以上でクエストをやれば無料で手に入る『ドルボード』。利用時間に応じて、ゲーム内マネーの消費あり。町の外ではみんな乗ってます。

討伐クエスト

1日1回、討伐クエストを受注して、経験値もしくはお金がもらえます。あまり時間効率がよくありませんが、序盤はお金目当てにやったほうがいいかと。

傭兵

iROで実装されている傭兵に相当する、『サポート仲間』がゲーム内マネーで借りられます。動きのカスタマイズは不可ですが、スキルの使い方が中身人間の場合より上手な場合も。

衣装装備

『レンタル衣装』『ドレスアップ(装備のカラーリング)』システムがあり、イベントでよく配付される無料券やゲーム内マネーで利用できます。

戦闘

アクションではなく、昔ながらのコマンド入力式です。リアルタイムバトルなので、もたつくと出遅れますが、そのぶん次のコマンドまでの時間が短縮されます。

ドロップアイテム

全員同じものが手に入ります。だから精算もしなくていいです。

ハウジング

ROとは違い、自宅が持てて、インテリアを楽しめます。

でも、新規だと土地が高すぎて手を出せないでしょう。グレン草原がおすすめですが、競争倍率高いです。

神器

アーティファクトエンチャントのような『錬金』という仕組みがあり、よい効果ばかりがついた、通称、『理論値装備』が神器級の価値を持っています。

ただし、あっても「お~」と言われる程度です。ムチャクチャ強いわけでもありません。

プレイヤーの動向

年齢層

ユーザーの平均年齢が、あるサイトの調査で31.3歳、公式の発表では『30代前半が多い』のだそうで、ROとそう変わらない印象です。

昼~夕方が主婦層・未成年者、夜10~12時に大学生~社会人層、深夜~早朝は年齢によらず廃人層といった感じがします。

子供から老人まで幅広い年齢層の人がいるため、様々な価値観に振り回されやすいです。

そもそもインターネットをあまり見ない人も多く、テンプレ的な狩りをしたくても意思疎通が大変。寛容になれないとイライラするかも。

身内意識

ROほどではありませんが、身内意識は他のゲームに比べてやや強めです。

他人との深い交流を望むなら、ギルド(チーム)に入りましょう。

連絡

SkypeやTeamSpeakは一般的でないです。ゲーム内会話が主です。

他人との関わりあい

狩場で『おうえん』されたり、プロフを見てそこから雑談に発展したりとか、そういったことがよくあります。

エモーションはないので、オープンチャットで『ありがとう!』と返しておけば大丈夫。

養殖や廃育成

養殖するよりメタスラコインかはぐメタコインを持たせて、爆裂迷宮PTに行ったほうが早く育ちます。しかし、コインのみで育成すると莫大なお金がかかります。トータルの時間効率では微妙。

養殖する人は2アカで覚醒魔マリン~タコメット~サポックスをやるみたいです。ローカル用語を出しまくりですみません。

要はROほどの促成栽培できません。人によってはダルく感じるかもね。

ソロのみのプレイ

ラスボスまでのメインストーリーや大半の配信クエストはソロ+サポート仲間で余裕のクリア。その後、廃育成や強ボス狩りなどをしたければ、中身入りPTでないと厳しい。

クリアしたあと

メインストーリーをクリア後、どうしたらいいかわからない人が続出しています。配信クエスト、職人、ボス狩り、モンスター図鑑埋めなど、自分で目標設定できないと「やることがない」状態に陥りがち。

BOT

このゲームでBANされるとパッケージ(3990円)を買い直す必要があります。

BANされるまでの間にこの金額分(100万G相当)を稼がねばならず、BOTにとっては時間との勝負になります。

BOT通報機能がついてからというもの、すぐにBANされて儲からなくなったためか、あまり見かけなくなりました。

ゲーム外の情報

SNS

ROSNSに相当する『冒険者の広場』。スクリーンショットも自動でアップロードされて、そこから日記を書いたりできます。

各種ファンサイト

・『RO World』『RO2』『RAGtime』に相当するもの

http://xn--10-yg4a1a3kyh.jp/
http://dq10.org/
http://dragon-quest.jp/ten/

・『RMC』に相当するもの

http://xn--10-yg4a1a3kyh.jp/dq10_bbs8.html

・『Unitrix』に相当するもの

今の相場を検索・・・公式の『冒険者の広場』や『おでかけツール』で検索。
過去の相場を検索・・・http://grooowl.com/r/dqx/

・『ROratorio』に相当するもの

確殺数計算機等で検索。ラトリオ並みに強力で使いやすいものはない。

・『スキルシミュレーター』に相当するもの

http://cpro.jp/dq10/skillsimulator/

ワンタイムパスワード

スマホ、トークンともに対応。必ず使うべし。

不正ツール対策

今のところ、nProtectのような不正ツール対策が搭載されていません。動作が安定するかわりに、ツールの広まりは覚悟したほうがいいかも。

ちなみに、nProtectがあったとしてもおそらく対策不可能な、画像認識で動作するBOTツールがヤフオク等で売られています。

月額料金

ROより安く、月1000円で3キャラ。月1500円出せば5キャラに。1キャラで複数の職ができ、レベルも職ごとなので、1日2時間程度のプレイなら1キャラでお腹いっぱいでしょう。

支払い方法

クレジットカード、ウェブマネー(Crysta経由)、家電量販店のポイントなどが使えます。

http://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide_3_12/#shop06

WiiやWiiUを持っているなら、ニンテンドーポイントも使えます。

ラグホーダイ

無料開放時間、通称『キッズタイム』が毎日あります。

月~金・・・16~18時、土・日・・・13~15時。

あと、製品版を買うと最初の20日間は終日無料。

──────アストルティアで僕と握手( ´ー`)b

・更新履歴
(2013/10/13) 課金方法を追記。

類似記事

Comments are closed.